昆布が原料の白髪染め【髪が傷まずキレイに染まるのはコレ!!】

昆布が原料の白髪染めは、通常の白髪染めとどう違う?

昆布の白髪染めは髪や頭皮に優しい

昆布が原料の白髪染めの特徴は、髪や頭皮に優しいこと。
市販の1剤・2剤に分かれているタイプの白髪染めやヘアカラーは、価格は安いのですが、髪や頭皮に悪影響を与えます。 使うときに、頭皮に保護クリームを塗ったり、ビニール手袋が必要なのはそのためです。 すでにご存知だと思いますが、頭皮につくとヒリヒリして赤くなったり、髪がパサパサ・ボロボロになったりします。 これは薬剤が強アルカリ性で、キューティクルをはがしてしまうからです。

逆に、昆布の白髪染めは、天然成分を多く配合し、素手で使えるくらい優しくできています。 シャンプーのときにトリートメントとして使うのですが、ビニール手袋などの準備がいりません。 手にとって髪になじませ、10分ほど待つだけ。 とても簡単に染めることができます。 また、キューティクルを開かないので、しっとりと染まります。 髪や頭皮を傷めないからこそ、しっとり艶やのあるキレイな髪に染まるのが昆布の白髪染めの最大の特徴です。

昆布が原料の白髪染めは天然成分をたくさん使っているので、市販のものより価格は少し高め。ですが、使い切りではないのでトータルのコストは安くなります。 昆布が原料の白髪染めで人気が高いのは、利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、くろめヘアカラートリートメントなどがあります。